Obey Radio Tokyo ~ James Brown Tribute Ver. ~

DATE: Thursday 12月24日,2015年

TIME: 23:00 ~ LATE

PRICE: DOOR¥2,000‐/1D  ADV¥1,500-/1D

GENRE: FUNK,HIPHOP

ARTISTS: オーサカ=モノレール, DJ BEAT, SOUTHPAW CHOP, DJ DUCT, DJ SEEN, K-BOOGIE.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

★前売り購入者&先着50名にObeyステッカーセットのプレゼント

for Facebook
http://www.facebook.com/events/801271636648221/

LIVE:オーサカ=モノレール

DJ:
DJ BEAT
DJ SOUTHPAWCHOP
DJ DUCT
DJ SEEN
DJ K-BOOGIE
DJ KASSY

FOOD:VIVA☆吉永


LOUNGE DJ:
MICCYAN
KSK (hott-lab/和ものデリック!!)
SHIDAXXXX
gentaroZ
吉野大介

オーサカ=モノレール

Group:

Country: japan

Genre: funk etc…

1992年の結成以来、一貫して「68~72年のFUNKサウドを現代に蘇らせる」ことに執心し、シーンの第一線を走り続けてきた。現在は8人編成。ソウル/ファンク、そして1960~70年代の魅力に最も真摯に取り組むグループを目指している。映画『コフィー』『スーパーフライ』の自主配給や、FUNKの歌姫、マーヴァ・ホイットニーの招聘およびアルバムプロデュースなども手掛けた。2006年頃からはヨーロッパ盤をリリースするなど海外での活動も精力的に行っている。ノース・シー・ジャズ・フェスティバル(オランダ)やモントリオール国際ジャズ・フェスティバル(カナダ)など各国の大型フェスにも出演。これまでに22ヶ国において200公演以上を実施。2016年、5月に恒例のヨーロッパツアーを開催。現在はジェイムズ・ブラウンのバックコーラスを32年務めた女性シンガー、マーサ・ハイの全面プロデュースアルバムを制作中。 http://www.osakamonaurail.com http://facebook.com/osakamonaurail

DJ BEAT

Group: TOKYO

Country: TOKYO

Genre: DJ BEAT

1980年初頭よりHipHopに目覚めDJを始める。80年代の後半に西麻布のクラブ「トロス」で行なわれたアンダーグラウンドのDJコンテストに出場。この時DJ KRUSHと知り合うこととなる。これをきっかけに原宿ホコ天にてDJ KRUSH,B FRESHなど名だたるアーティストと共にDJパフォーマンスを始める。 1990年には「第1回DMCコンテスト」に出場。初出場で第3位という快挙。彗星のごとくDJ界に現れ話題となる。 翌年の1991年には初のバトル形式で行なわれた「第2回DMCコンテスト」ではDJ HONDAと名勝負を繰り広げ日本のDJ史に伝説を残す。巧みなDJテクニックをパフォーマンスとして見せることの出来る日本発のライブDJとして90年代には唯一無二の存在であった。BEATの影響によりDJを始めた者でシーンの第一線で活躍するDJは数知れない。 その後N.Yに拠点を持つブレイクダンスチーム「ROCK STEADY CREW」の日本代表チームのDJとして活躍し現在ではDJだけでなく、トラックメイカーとしても幅広く活躍している。更に2003年には「THE JAZZ ZODIAC」を結成。JazzバンドにDanceとターンテーブル取り入れるという新しいスタイルのショーはまさに圧巻。早くも話題を呼んでいる。

SOUTHPAW CHOP

Group:

Country:

Genre: Hip Hop

時代に流されることなくあくまでもオリジナルレコードからのサンプリングにこだわり続けるDJ・プロデューサー。80年代後期から音楽活動を始め、シーンがディスコからクラブに変化を遂げるディープな時代にDJ KrushやDJ Hondaといった世界のトップアーティストらと行動を共にする機会に恵まれ自身のセンスとスキルを磨いていく。1998年には全曲をインスツルメンタルでまとめたDJ Krushの話題作[覚醒]にサウンドプロデューサーとしてフューチャーされ、SP1200のみで構成された曲[1200]で華々しいデビューを迎えるのである。そして賢人ここにありとの噂をいち早く聞きつけたBuddha BrandのNippsはすぐさま自身のプロデューサーとして向い入れ名盤と名高い[God Bird]を生み出し日本のHip Hopシーンに話題を呼んだ。2004年には本名名義でTri-Eight Music Suppliesから初のソロアルバム[Light Sleep」と二枚のEPをリリース。その難解なプログラミング技術がシーンの度肝を抜いた。また、You The Rockを始めメジャーからインディーまで幅広い層のMCのプロデュースに携わりその抜群なセンスと制作能力の高さが認められ人気を不動のものと確立していく。さらに快進撃は続きSouthpaw Chop名義では多数Mix CDをリリース。森田貴宏監修の人気スケートビデオ[Underground broadcasting]に提供した曲[Rookie]が予想以上に反響を呼び、重なるファンの要望に答え自身の冠を取ったレーベルSouthpaw Chop Music Productionからその曲を収録したEPをリリースし記録的な速さで完売となる。その後世界のUnderground Hip Hopのレコードの値段が左右されてしまうほど影響力を持ったMix CDシリーズ[Underground Railroad]を監修・取り締まる存在となる。そしていよいよ海外進出の時期到来と感じてた矢先に海外ディストリビューターCrosstalk Chicagoからその才能を買われ、レコード市場が不況な時代にも関わらず海外リリースに向けての配給オファーを勝ち取る結果となった。長年に渡ってこだわり続けたサンプリングという手法を追求したニューアルバム[Never Stop Sampling]の中から先行して来年早々には念願の世界デビューを担うEPのリリースが決定する。ロンドンの人気ネットラジオRhythm Incursionsを始め、Amar Patel(Straight No Chaser), Robbie Ettelson(Unkut.Com), Dave Roberts(DWG)といったコアなファン層を抱えるメディアパーソンの援護射撃もあり、彼の舞台は東京から始まり世界へと移り変っていくのである。 JAPAN www.southpaw-chop.com

DJ DUCT

Group: THINKREC.

Country: tokyo

Genre: Hip Hop

一台のターンテーブルとフットペダル、サンプラー、エフェクターに攻撃的なスクラッチを駆使し展開する、 その全くユニークなライブ・スタイルでトーキョー・アンダーグラウンドを席巻する孤高の無頼派。 閃きと経験によって矢継ぎ早に再構築される音像群、そして、それらを自在に操る圧倒的な構成力で魅せる 「ワン・ターンテーブリスト」こと、DJ DUCTの世界をご堪能あれ。 自身の主宰するTHINKREC.(シンク・レック)よりバイナル中心に作品をリリース。 現場主義を貫き、その現場感覚が生み出したBACKYARD EDITシリーズは海外からも大きな反響を呼んでいる。 2009年に、オランダ、デンハーグで開催されたフェス「TODAYSART 09」に、 国内では Flying Lotus presents brainfeeder in Tokyo やLOW END THEORY JAPAN他に出演。 Jeff Millsと共演したDOMMUNEでは、ワン・ターンテーブルテクノセットを披露。大きなリアクションを獲得した。 http://djduct.com/ http://www.thinkrec.com/

DJ SEEN

Group:

Country:

Genre: Hip Hop,Breaks,エレクトロ

真実を語り、魂のこもったヒップホップに影響を受け、ブレイクビーツ・エキスペリメンタルなエレクトロニカなど隔たり無くMIXするDJプレイはスキルなくしては成り立たず、3台のターンテーブルを楽器として使用し、DJはもちろ、舞踏、ドラム、バイオリン、と数々のセッション・楽曲製作にも挑戦しつづけ音楽本来の楽しみを模索し続けている。2005年にリリースしたフル・インストルメンタルアルバム『Phonogram』は音を探求し、ビジョンをみたDJの対話方法として製作・表現した作品で、同年にはシカゴDARKROOM等3箇所にてDJを行い、06年にはブタペストMerlineへ出演するなど海外からの評価も根強くブタペストFM tilos radioでは『2006年に一番ヘビーローテーションで掛けられた人気DJ』として評価される。 http://www.myspace.com/congoproject

K-BOOGIE

Group: CLASSICS

Country: 日本

Genre: 90'sHip Hop/R&B

90年代初頭よりDJを始め、1997年辺りから箱DJに止まらず、地方や都内各地のCLUBでDJを重ね、知名度、実力を不動のものにする。 近年は自身が一番影響を受けたHIPHOP黄金期と言われる90年代のHIPHOPを全面に押し出し、渋谷で行われている90'sONLYイベント“CLASSICS”を主催し、国内のGUESTには、DJ KRUSH,DJ KENSEI,MURO,スチャダラパー,LUNCH TIME SPEAX,etc..、海外からはDJ PREMIER,PETE ROCK&C.L. SMOOTH,DJ JAZZY JEFF,LARGE PROFESSOR,LORD FIESSE,DJ SCRATCH(E.P.M.D),DJ EVIL DEE,A.G.(SHOW&A.G.),SMIF-N-WESSUN,THE BEATNUTS,etcを招聘し、全国にその名を轟かせるイベントに成長しなおも進化し続けている。 自らの信念を貫き、流行に流されず、REALなHIPHOPを提示し続けている唯一無二のDJ、PRODUCERである。

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@