"TRIBE meets Glad 5th Anniversary"

DATE: Tuesday 2月10日,2015年

TIME: 23:00 ~ LATE

PRICE: DOOR¥3,000/1-REDBULL(Free OBEY stickers for the first 20 participants) ADV¥2,500/1-REDBULL(Free OBEY stickers for the first 50 participants) ※disk union

GENRE: Techno

ARTISTS: DJ KRUSH, DJ KENSEI, DE DE MOUSE, DJ SEEN, Himuro Yoshiteru, MidiKick, DJ BISCCO, mitsushige.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

!!!!!Glad 5th Anniversaryを祝して真のHeadzが集うイベント“TRIBE”が開催決定!!!!!
良質な音を求め垣根を越えて集いし音狂の共演は生きもの(LIVE)であり、
その時、その瞬間、体感必須!!!!!


★前売りチケット★
下記diskunion各店/虎子食堂にてお取り扱いいただいております。

■diskunion
渋谷CLUB MUSIC SHOP http://diskunion.net/shop/ct/shibuya_club
新宿CLUB MUSIC SHOP http://diskunion.net/shop/ct/shinjuku_club
下北沢CLUB MUSIC SHOP http://diskunion.net/shop/ct/shimokitazawa_club

■虎子食堂
http://toranoko-shokudo.com/about

■main
DJ KRUSH
DJ KENSEI
DE DE MOUSE
DJ SEEN
Himuro Yoshiteru
owlbeats
%C
DJ TOYODA
DJ MidiKick
KUJA

■2nd
Kavvd
DJ KOHTA
DJ BISCCO
DJ The Sum Light
DJ DIG-IT
DJ RyuZombie
Sorawbeats
このまま
NINA
mitsushige

■VJ
GENOMU

■sound engineer
takuya horie

■Catering
ZERO-YA 虎子食堂

DJ KRUSH

Group:

Country: JP

Genre: Abstract Hip Hop

1962 年東京生まれ、サウンドクリエーター/DJ。 選曲・ミキシングに於いて抜群のセンスを持ち、サウンドプロダクションに於ける才能が、海外のクラブ・シーンでも高く評価されている。1980 年代初頭に公開された映画『ワイルド・スタイル』に衝撃を受け、ヒップホップに足を踏み入れる。1987 年に KRUSH POSSE を結成。日本を代表する実力派ヒップホップ・チームとして、様々なメディアで活躍。1992 年の解散後はソロ活動を精力的に行い、日本で初めてターンテーブルを楽器として操るDJ として注目を浴びる。 1994 年に 1st アルバム『KRUSH』をリリース。その後も、日本,ヨーロッパ,アメリカを中心に世界各地で多数の作品を発表。ソロ作品はいずれも国内外の様々なチャートの上位にランクインし、6th アルバム『漸-ZEN-』は、"インディーズのグラミー賞"といわれるアメリカの AFIM アワードにおいて特に芸術性の高い作品に贈られる"ベストエレクトロニカアルバム 2001"最優秀賞を獲得。2004 年にリリースした 8th アルバム「寂」では、CMJ(全米カレッジラジオ)RPM チャート(エレクトロニック系)で 3 週連続一位を獲得。2006 年には自身による初のセルフリミックスベストアルバム「STEPPING STONES」〈lyricism〉と〈soundscapes〉を 2 枚同時リリースし、各方面から高い評価が寄せられている。 2007 年には、‘94 年から’07 年まで 13 年に渡る、公演、レコーディング、LIVE 映像に加え、その他の KRUSHの活動にかかわった様々な分野のアーティストからのコメント、プロモーションビデオを全て収録した 3 枚組 DVD BOX 「吹毛常磨」(すいもうつねにます)をリリース。DJ の歴史を綴った貴重な作品として世界のプロデューサー、リミキサー、DJ として国際的な活動を展開しながら、映画、ドラマ、CM 音楽制作など幅広く活躍。これまでに、グラミー・アーティストであるブラック・ソート(THE ROOTS)のソロ・アルバムへのトラック提供、同じく、ハービー・ハンコックや k.d.ラングといったグラミー・アーティストの楽曲リミックス、ガリアーノ、ピート・ロック、コールドカット等々、ジャンルを越えた様々なアーティストらとのコラボレートを重ね、また 2009 年には、ロシア全土で公開となったアニメ映画『FIRST SQUAD』の音楽全般を担当。同年のモスクワ映画祭に出展され、見事にコメルサント(Kommersant)新聞賞を受賞。 また、公演においては、英国最大の音楽フェスティバル、グラストンベリー(UK)をはじめ、コーチュラ(米)、モントルー・ジャズ・フェスティバル(スイス)、ソナー(スペイン)ロスキルデ(デンマーク)など、世界各国で 200 以上の様々なフェスティバルに出演。クラブツアーにおいては、現在までに全 55 カ国/390 都市にて、延べ 1000 万人以上のオーディエンスを魅了。現在も年間、約 30 カ所以上のワールドツアーを敢行している。地域を越えて、多岐に渡り高い評価を得続けるインターナショナル・アーティストとして、今も尚、しっかりと独自の軌跡を残し続けている。 2015 年 9 月には約 11 年ぶりとなるオリジナルアルバムをリリース。その後、USA を皮切りにワールドツアーが予定されている。進化した KRUSH の Deep な乾いた音が世界を駆け巡る。

DJ KENSEI

Group:

Country: JP

Genre: music

80年代中盤よりDJとしてスタートしてから今まで常にその時代のFreshなSoundをオリジナリティー溢れる独自の視点で数多くの現場でプレイ、ミックスしてきた本来の意味でユニークなDJとして知られ、90年代から今まで数々のCLASSIC MIX作品を世に送り出し、現在も国内外大小屋内外あらゆる環境でDJを精力的に続ける生粋のDJ。 アンダーグラウンドサウンドを好む。 そして同時に自身の考えるDJ的視点の作品も様々な名義で様々なレーベルから多数リリースしている。ライブミュージシャンとしてもターンテーブルやLapTopなど使い積極的に様々なアーチストとセッションをこなしソロ活動以外にも90年代後半以降、KEMURI PRODUCTIONS、RAMMELLZEE、FINAL DROPやBANANA CONNCTIONなどのプロジェクト、'INDOPEPSYCHICS'、’NUDE JAZZ’や’KENSEI&QUIETSTORM’、’OUTERLIMITS INC’、COFFEE&CIGARETTES BANDなどでライブとプロダクションを行ってきている。 現在『茶澤音學館』@ORBIT『茶澤45』『茶澤メキシカン』『Coffee&cigarettes band presents Colorful』@AOYAMA HACHI 『downbeat session』@LOUNGE NEO『classics』@ vision『 LOW END THEORY JAPAN』『ELECTRIC ROOTS(DUBLAB .JP)』等でDJを勤める。 近年はJAZZ ピアニスト”OMAR SOSA”のライブアルバムに参加。shingo2が監督を務める映画『bustin’』のサントラなども手掛ける。2014年に日本の至宝ベーシスト鈴木勲とのライブデュオアルバム『new alchemy』(Rings­ジャケットは中西俊夫)をリリース。 COFFEE&CIGARETTES BANDはアナログ CD TAPEなど作品を定期的にリリース。 7月にはStill ichimiyaのオフィシャルMIXCD(MARY JOY RECORDINGS)をリリース予定。 DJKENSEI.COM

DE DE MOUSE

Group:

Country: JP

Genre: Electronic Music

織り重なり合う、計算しつくされたメロディと再構築された「歌」としてのカットアップサンプリングボイス。 流麗に進む和音構成と相交わりから聞こえてくるのは煌びやかで影のある誰にも真似出来ない極上のポップソング。沁み渡るような郊外と夜の世界の美しい響きから感じる不思議な浮遊感と孤独感は、多くのクリエイターにインスピレーションを与えている。 ライブスタイルの振れ幅も広く、ツインドラムで構成されリズムの高揚感を体現する DE DE MOUSE + Drumrollsや、縦横無尽に飛び回るDJスタイル、即興とセッションで繰り広げるDE DE MOUSE + his drumner名義に、映像を喚起させる DE DE MOUSE + Soundandvisions名義など、多種多様のステージングを展開。 FUJI ROCK FESTIVALやTAICOCLUB、RISING SUN ROCK FESTIVALにSonarSound Tokyoなど多くのフェスティバルにも出演、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。 近年では実験的な試みを体現する主催イベント"not"や即日完売が恒例となっているプラネタリウムを舞台にした公演を開催し、イベントの演出やその完成度が、各方面から多くの注目を受ける。ファッションやアニメ、ゲームなど他ジャンルからの支持も強く、作品、グッズ、イベントに至る全てのプロデュースを手がけると共にファッションブランド等とのコラボレーションワークも数多く行なっている。 2012年にnot recordsを始動。 10月にはアートワークのラフから執筆、PVのディレクションまで自身でこなした約2年半ぶり4枚目のオリジナルアルバム「sky was dark」発表。 http://dedemouse.com/

DJ SEEN

Group:

Country:

Genre: Hip Hop,Breaks,エレクトロ

真実を語り、魂のこもったヒップホップに影響を受け、ブレイクビーツ・エキスペリメンタルなエレクトロニカなど隔たり無くMIXするDJプレイはスキルなくしては成り立たず、3台のターンテーブルを楽器として使用し、DJはもちろ、舞踏、ドラム、バイオリン、と数々のセッション・楽曲製作にも挑戦しつづけ音楽本来の楽しみを模索し続けている。2005年にリリースしたフル・インストルメンタルアルバム『Phonogram』は音を探求し、ビジョンをみたDJの対話方法として製作・表現した作品で、同年にはシカゴDARKROOM等3箇所にてDJを行い、06年にはブタペストMerlineへ出演するなど海外からの評価も根強くブタペストFM tilos radioでは『2006年に一番ヘビーローテーションで掛けられた人気DJ』として評価される。 http://www.myspace.com/congoproject

Himuro Yoshiteru

Group: File Records、Murder Channel、 OILWORKSRec

Country: JPN

Genre: Dance music

Himuro Yoshiteru 現在までに国内外レーベルからアルバム8 枚、EP を12 インチやら 配信等で色々リリース。国内ではFile Records、Murder Channel、 OILWORKSRec.等から作品をリリース。 速い音楽も遅い音楽も楽しい感じも暗い感じも色々作る系。 広告の音楽も手がけたりする、クリエーター気取りのフルタイム打ち込み音楽土方。 詳しくはGoogle とかそういうので調べてくれ。 https://soundcloud.com/himuro-yoshiteru そうはいえども一応↓↓ 電子音楽、エレクトロ、HipHop、Drum&Bass、8bitサウンド、DubStep等の要素を混ぜ合わせながら、どのジャンルにも位置せず、高いクオリティーを備えた作品を作ることを信条とする、ド近眼のビートジャンキー。 1997年からUK、オーストラリア、US、フランス等海外のレーベルからリリースを重ねる。国内では2007年〜2010年、TaNGRaM DiSK、File Records、Murder Channelよりアルバムをリリース。12インチEP、トラック提供、リミックス、コンピ、映像作品、WEBサイトへの楽曲提供も多数。

MidiKick

Group: 90BPM TAKEOVER / NAVY RAY

Country: Tokyo

Genre: beat & bass

MidiKick (90BPM TAKEOVER / NAVY RAY) ビートミュージック、ベースミュージック等を行き来するなかで一貫したフィジカルな黒いグルーブを感じさせる数少ないDJ。 常に新鮮なクラブミュージックを追い求める姿勢はそのクイックなプレイスタイルにも現れている。 中目黒solfaにて未知の音が絶えず掛かるパーティーNAVY RAYを主催。 様々なゲストを招き新たな音楽シーンを模索してきた。 最近では代官山Airのレギュラーパーティー90BPM TAKE OVERで錚々たるメンツの中でプレイ。 今東京のアンダーグランドシーンで最も注目されるDJの一人である。 info : canikickit1989@yahoo.co.jp

DJ BISCCO

Group: JAZZAGROUND/INNOVATION/C.O.R.E.Entertainment/RedAlertRadio(LBC)

Country: JAPAN

Genre: BLACK MUSIC

DJ BISCCO 1986年生まれ。熊本県出身。高校卒業後、DJとしてのキャリアをスタートさせる。湘南、横浜、東京のClubを中心に活動し地道に経験を重ねた後、その才能を見いだされ2006年から湘南茅ヶ崎で多くのMusic Loversから支持を得ているJAZZAGROUNDにResident DJとして参加。 Underground Hip Hopを中心としながらもBreak Beats,Techno,Houseなど幅広い選曲と、スクラッチ、2枚使いを駆使して構築されるPlayでAudienceを魅了する。 2009年に更なる可能性を求め単身渡米。現在はLong Beach CAを拠点とするHip Hop CrewであるRed Aleart Radioに参加中。

Born in Kyushu, Japan in 1986. After graduating High School, he starts his career as a DJ. He has actively performed at clubs in the Shonan, Yokohama, and Tokyo area. His talent was first noticed by a group from the Shonan region called “JAZZAGROUND”, where he became a resident DJ. His style is predominately Underground Hip Hop, but he is also able to spin Break Beats, Techno, and House music. His versatility, scratch technique, and 2 Disc play have caught the attention of many and his following continues to grow. He currently resides in California where he plans to revolutionize the DJ scene by showcasing his innovative style.

mitsushige

Group:

Country: Tama

Genre: beat music

バブルが弾けた激動の91年生まれ。山形県出身多摩市在住。ヘッドホンポートから直差し派。TAMA STATE OF MIND

Flyer Takeout

CELLPHONE : Take THIS FLYER with you! Simply scan in the QR code on your mobile phone or supply your email and get it sent to you!

@