"POPBREAK FESTIVAL"×Glad3rdAnniversary

DATE: Monday 2月11日,2013年

TIME: 14:00 ~ LATE open14:00/start14:30

PRICE: 【通し券】早割¥5,500(D別) /通常¥6,000(D別)【各日】adv¥3,500/door¥4,000 ※各D別

GENRE: FESTIVAL!!

ARTISTS: HIROSHI NAKAMURA, JaccaPoP, ゲッカンプロボーラー, THE APRILS, The KAH, Omodaka, レコライド, おもしろ三国志, スパナ乙, MASTERLINK, Cutie Pai, ★STAR GUiTAR, Kiyoshi Sugo, PandaBoY, DJ WASA a.k.a. SAWA, A-bee, HIDE(ゲッカンプロボーラー), Shiso, petit, 班長, 副班長 a.k.a. lilina.

feat. JaccaPoP MIRU BIRTH DAY BUSH!!

2月の日曜日はGlad 3rd Anniversary!!!

2週目はGlad 3rd Anniversary "2Days" 企画開催が決定。
2010年よりGladが発信する、テクノエレクトロハウスポップミュージックイベント、
"POP BREAK"のスペシャル2DaysフェスティバルVer.でお届けします!!
【Day -1-】Gladお馴染のガールズポップアーティスト大集結!
【Day -2-】JaccaPoP MIRUのBIRTHDAY BUSHも兼ねてLOUNGE NEO連動した開催となります!

Glad3歳の誕生日を是非お祝いして下さい!!

-------------------------------------------------------------------

【チケット】

■ 先行チケット
 早割券通し券( ¥6,000 → ¥5,500 )
 2013.1.12(土)10:00-2013.1.18(金)23:59

■ 一般発売
 通し券 / DAY-1- / DAY-2-
 2013.1.19(土)10:00

※プレイガイド e+ http://eplus.jp

PC用購入ページリンクURL
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002092619P0050001P006001P0030001

携帯用購入ページリンクURL
http://eplus.jp/m/msys/T1U55P0010844P0100P002092619P0050001P006001P0030001?u
id=NULLGWDOCOMO

-------------------------------------------------------------------
※入場順
 1.早割通し券
 2.一般通し券
 3.各日チケット
 4.出演者予約
 5.当日券

-------------------------------------------------------------------

【DAY-2-】
  Glad 3rd Anniversary presents
- P O P B R E A K F E S T I V A L -
 feat. JaccaPoP MIRU BIRTH DAY BUSH!!



□ 【 NEW!!】SPECIAL GUEST DJ
  HIROSHI NAKAMURA(i-dep)

□ LIVE
 ■ JaccaPoP
 ■ ゲッカンプロボーラー
 ■ エイプリルズ
 ■ The KAH
 ■ Omodaka
 ■ レコライド
 ■ おもしろ三国志
 □ MASTERLINK(mobile set) NEW!
 ■ スパナ乙
 ■ A-bee(Live set feat.ellie)
 ■ Cutie Pai
 □ KIYOSHI SUGO(LIVE SET) NEW!!
 ■ たこあき

 and more....


□ DJ
 ■ DJ Aira
 ■ ★STAR GUiTAR
 ■ DJ WASA a.k.a SAWA
 ■ A-bee
 ■ PANDABOY
 ■ HIDE(ゲッカンプロボーラー)
 □ tatsuki nagao(nano sound museum) NEW!!
 ■ tessy(CANDLES DJ LIVE set)
 ■ Shiso(MINK)
 ■ petitt
 ■ tot a.k.a.班長
 ■ 副班長

 and more....

HIROSHI NAKAMURA

Group: i-dep(プロデューサー/ソングライター/DJ)

Country: JP

Genre: HOUSE

プロデューサー/ソングライター/DJとして、縦横無尽にジャンルを駆け巡るナカムラヒロシによるミュージックプロジェクト。 ミレニアム期にロンドンにてi-depをスタートさせ屋敷豪太氏をはじめとする音楽人と交流を深め、Elen Nasciment氏らと楽曲を制作。イタリアIRMA recordsよりアナログ盤として発表されたそれらの音源が国内外の早耳らより高く評価された。 帰国後、ストリートミュージシャンなどにナカムラ自ら声をかけてまわり、バンドとしてのi-dep態勢を築いた。2009年にバンドを解散して以降、再びナカムラヒロシ個人によるプロジェクトとして活動を行っている。 主催フェスfesta de i-depやSUMMER SONICをはじめとする国内大型フェスでのライブに加え、South By Southwest(SXSW)におけるパフォーマンスもアメリカ/ヨーロッパの業界関係者から好評を博しており、リリース作品のみならずライブ活動でも従来の枠にとらわれない自由でグローバルな活動を標榜している。 2011年11月11日、自身のレーベル Shin Factory, Inc.を設立。 http://www.i-dep.jp

JaccaPoP

Group:

Country: 日本

Genre: ドラマチックロッカダンスユニット

現代の隙をついた、愛と脱力感満載の歌詞を、無邪気なビジュアルと甘い歌声で解き放つ"MIRU"(Vocal)と、 バラエティーに富んだ独特の世界観を持つ"SUN"(Programming / Sound Produce)によるユニット"JaccaPoP(ジャッカポップ)"。 2009年9月9日、タワーレコード、HMV、TSUTAYAなどのCDショップだけでなく、VILLAGE VANGUARD、ITS'DEMO(イッツデモ)などの 雑貨店でも売り切れ店が続出し、新人としては異例のヒット作となるった1stアルバム「Parsley」でデビュー。 同年11月にiTunesにて配信された、くるりの名曲「World's End Supernova 」のカバーでは、iTunesエレクトロニック・チャート第1位を獲得し、 2010年1月リリースのアナログ盤「JP EP」は、DMRのチャートで第1位を獲得。名実共トップアーティストの仲間入りを果たした。 そして2012年8月8日、全国各地のライブハウス?クラブイベント、ファッションショー等、様々な場で3と36の最大公倍数で、 初めて流れる摩訶不思議なJaccaPoPワールドを展開してきた2人が、約3年振りとなる2ndアルバム「Champion」を遂にリリース! 独創性を突き詰めた、オフェンシブ且つ切ないエモ-ションが共存する"This is JaccaPoP!"と言える世界をどうぞ。

ゲッカンプロボーラー

Group:

Country: http://getsupro.syncl.jp/

Genre: TECHNO / ELECTRO / POP

DJ/音楽プロデューサーとして活動するyaskikutaによるダンスポッププロジェクト。 1993年、中学校の同級生らで月刊プロボーラー結成。 その後1996年、yaskikutaがアメリカより帰国し合流。当時のメンバーは7人にも及んだ。 学園祭や市民ホール、地元ラジオ局への出演などから徐々にその名は広がる事となる。 2002年、六本木を拠点に主宰パーティー「dotechno!(ドテクノ)」を開始。 国内外のビッグネームとの共演で大きな話題となる。 2004年、1stアルバム「テクーニョ」をリリース。 クラブ、イベント、ラジオ、雑誌媒体など各方面より注目を集め高セールスを記録。 レコ初イベントは代官山unitのこけら落としの一環として開催された。 2005年、2ndアルバム「テクニコフ」をリリース。 「ハイスクールララバイ」のカバーなどが話題となる。 リリースツアーファイナルでは新木場ageHaにてDJ HELLや大沢伸一らと共演、約3000人を動員した。 2007年、3rdアルバム「ディスコウォーズ」をリリース。 KEN ISHII、CAPTAIN FUNKらと回ったリリースツアーは大成功を収める。 2008年、4thアルバム「エレトロ」をリリース。 iTunesエレクトロチャートアルバム部門で1位を獲得。 2009年、「月刊プロボーラー」から「ゲッカンプロボーラー」へと改め再始動。 過去の楽曲を女性ヴォーカルで再構築した5thアルバム「エレベスト」をリリース。 iTunesエレクトロチャートアルバム部門で1位を獲得。 2010年、東京ゲームショウ2010 / Xbox360のテーマソングを担当。 ゲストヴォーカルに岩田アッチュ(NIRGILIS)を迎えた楽曲「デジタルラヴァー」は、 国内外のメディアからも高い注目を浴び、iTunesエレクトロチャートで1位を獲得した。 2011年、The ClashのカヴァーやSystem7のリミックスを手がけるなどグローバルな展開を開始。 6thアルバム「ロマンティーク」をリリース。 現在のゲツプロを表す、「ネオロマンティック」と言う新ジャンルを確立する。 2014年、デビュー10周年のこの年に7thアルバム「テン」をリリース。 HARDFLOOR REMIXを収録し、HARDFLOORとのダブルリリースパーティーツアーを行った。 2015年、yaskikutaのソロプロジェクトとして新たなスタートを迎える。 現在は、バンド編成からソロでのライヴまで会場ごとにその態勢を変化させている。 公式ホームページ◆http://getsupro.syncl.jp 公式Facebook◆https://www.facebook.com/gekkanprobowler

THE APRILS

Group:

Country:

Genre: BAND

キャッチーなメロディーを歌う4人組の男女ツインボーカルバンド。 これまでに4枚のアルバムをリリース。映像とバンドパフォーマンスを組み合わせたライブは日本にとどまらずアメリカや台湾などでのライブに出演し、海外でも好評を博す。NHK教育「高校数学I」のオープニング、任天堂ゲーム「GIFTPIA」の挿入歌&テレビCM曲、タイトー、コナミの音楽ゲーム、NTTドコモや劇場用アニメへの楽曲提供の他、YMCKやジブリ楽曲などのリミックスワーク、さらに中田ヤスタカ、ハヤシベトモノリ(Plus-Tech Squeese Box)と共にmarinoへの楽曲プロデュースのほか、アーバンギャルド、フレネシ、さよならポニーテール、鈴木祥子など数々の話題の映像作品も手掛ける。 http://aprils.jp/profile/

The KAH

Group:

Country: Japan

Genre: Dance Music

The KAH(ザ・カー)は大型フェスからライブハウス、クラブと場所を選ばず出演を重ねて確実に各会場を湧かせてきたバンド「BREMEN」のプロデューサー兼ブレインとして活動してきたKOHJIROとHAIOKAによる新プロジェクト。 TPOに合わせて加えるアレンジやゲストメンバーなど毎回、変化に富んだ構成と、現場を熟知したクリエイションで盛り上げて魅せる。 http://www.thekah.jp/ https://www.facebook.com/BremenBand

The KAH is the brainchild from the producer of "BREMEN" and have been showcasing their talents to audiences in live houses, clubs and festivals across the country. With a style fused from mainstream Drum and Bass to Jazz to Trance The KAH are one to watch out for in 2013! http://www.thekah.jp/ http://www.facebook.com/TheKAH.jp

Omodaka

Group: Far east recording

Country: Japan

Genre: Experimental / Japanese Classic Music

OMODAKA って何?音楽とモーション・グラフィックスの突然変異的融合を 試行錯誤してきた企画の名前それ が OMODAKA。あなたの ミュージックビデオに対する既存イメージを美しい軌跡で ひっ くり返します。 http://www.myspace.com/omodakafareastrecordings http://www.fareastrecording.com/ http://denshiongaku.com/ ----------------------- Omodaka(a.k.a. 寺田創一) Omodaka and Far East Recording are both names used by one Soichi Terada. (Thanks! ZB's A-Z of J-Music) Soichi has been producing a wide variety of electro/techno music since 1989. Browsing through his extensive discography is much like taking a lesson in electro history. He started out like many others in the early 90s with bare-bone, sample filled dance tracks. He gradually shifted into jungle/drum and bass territory with his "Sumo Jungle" series of albums. Much of his music featured bossa rhythms and other more sophisticated elements, propelling his tracks slightly further than the usual stagnant underground house and jungle tracks. He continued to evolve his sound into a much more lively house realm, pushing the vocal element to the forefront. With his "Monkey Turn" single, he fused his older jungle style with a new, vocal-centric sort of cyber house, with its roboticized traditional style Japanese vocal track. After that he jumped straight into a Daft Punk style of upbeat house tracks with more traditional Japanese folk-style vocals courtesy of Kanazawa Akiko (I highly recommend checking out the video diaries on her site.) He also slowly incorporated the current trend of using modern/retro 8-bit sounds, eventually creating songs made entirely of vintage video game music tracks. While these songs would be great on their own as instrumentals, his addition of Kanzawa's anachronistic traditional vocals makes for a truly unique mix. So far Soichi has released only one album featuring his new 8-bit sound under the name Omodaka. It's basically a collection of his most recent singles (including his excellent version of Bach's "Favorite Games".) With the amount of attention his new sound, and more notably the excellent videos that accompany them, along with a growing number of high profile remixes for the likes of Ram Rider and YMCK, we can be sure that we'll be hearing (and seeing) a lot more from Omodaka / Far East Recording is New Maxxi Single "Favorite Games (Release 04/2008)" in the near future. 主な活動: ■サウンドトラック制作、作編曲 2007 サルサル大作戦 (PSP) 2007 MTV Japan - generic PKG "cave"テーマ曲 (TV) 2006 サルゲッチュ・ミリオンモンキーズ (PS2) 2005 サルゲッチュ3 (PS2) 2005 サルゲッチュP! (PSP) 2005 カートゥーンネットワーク「サムライジャック」 (TV) 2004 サルアイトーイ(PS2) 2004 サルバト~レ(PS2) 2003 日本テレビCM「日テレ日テレ日テレ日テレ」(TV) 2003 MTV 「World Chart Express」テーマ曲 (TV) 2002 ふたりのファンタビジョン (PS2) 2001 スペースフィッシャーメン (PS2) 2000 ファンタビジョン (PS2) 1999 サルゲッチュ (PS) 1998 湾岸トライアル (PS) 1997 サイコメトラーEIJI (TV) ■リミックス 2007 HONDALADY 2007 Holy 8Bit Night 2006 Perfume 2006 RAM RIDER 2005 YMCK 2005 Maico Rozy 2004 ファミリーアセンション V3 2003 ファミリーアセンション 2003 私の部屋「Bossa Bacharach」 2002 サカノウエヨースケ 2001 深田恭子 1998 中西圭三 1996 ピンクレディー、伊能静 1995 ソルティーシュガー、聖飢魔II 1994 ブギーマン、TOKYO PERFORMANCE DOLL 1993 CHAR、HIDE 1992 ELECTRIC GRASS BALLOON 1991 金沢明子、ウルトラマン 1989 島田奈美 ■アレンジ、プログラミング参加など 2007 PC-DEPOT コマーシャル 2007 MTV Japan - generic PKG "cave" 2007 おいしい!ときめき同窓会プレゼント(森永乳業) 2006 洗濯鬼逃げた(劇団くねくねし) 2006 オールド・ロッテン・ピロティーズ 2004 コモエスタ八重樫、Mansfield 2003 鉄腕アトム誕生トリビュート 2003 ディズニーランド 20周年トリビュート 2002 野宮真貴 2001 ボニーピンク、Mansfield 2000 Comoestas、Mansfield、ふかわりょう、加藤あすか 1999 Pizzicato Five、弘田三枝子、ルパン三世シリーズ、小柳ゆき 1998 冠二郎、Clara Moreno 1997 伊能静、5th GARDEN、長瀬智也、KATSUMI、ウィリー沖山 1996 貴水博之、上野洋子、越路吹雪トリビュート 1995 ソルティーシュガー、斉藤和義、内田有紀、角田智美 1994 ブギーマン、TOKYO PERFORMANCE DOLL、5th GARDEN 1993 CHAR、HIDE、飯島愛、コモエスタ八重樫 1992 田中律子、ZOO 1991 WINK、ちわきまゆみ 1990 深津絵里、鈴木結女 1989 少年隊 ■ライブ、パフォーマンス等 2007 Holy 8bit Night リリース記念ライブ(渋谷amate-raxi) 2007 Fab-Space 5th Anniversary Party(姫路fab-space) 2007 PLAZMA ROLLER COASTER(FAI AOYAMA) 2007 遊佐未森 桃節句茶会(大阪HEP HALL) 2006 桃節句茶会(青山草月ホール) 2005 NO WAY BACK -DEEP HOUSE-(渋谷Module) 2005 本條流「本條會回帰」(国立劇場) 2005 Maico Rozy feat. 金沢明子(南青山曼荼羅) 2001 brownies ツアー 1996 遊佐未森 アカシアツアー、博多山笠ソラリア "MUSIC for YAMAKASA" 1994 5th GADENツアー 1993 着物 ファッションショー"NEO JAPANESQUE" at 西麻布イエロー 1992 金沢明子 HOUSE MIX LIVE 日中国交正常化二十周年記念 イベント at 北京 1991 金沢明子 HOUSE MIX LIVE GOLD、寺田倉庫、クアトロツアー ■F.E.R. 以外でのCDリリース等 2007 HONDALADY - WORLD RECORD(HONDALADY) 2007 Holy 8Bit Night(VORC RECORDS) 2004 サルバト~レ・サルンドトラックス(サイトロンレコード)SCDC-00372 2003 私の部屋「Bossa Bacharach」BRED-0001 2002 「ふたりのファンタビジョン」サウンドトラック(ulf record) STF-0005 2002 insence~various artists(aosis record) VICL-69073 2001 Adagio ~Lounge Classics~オムニバス(sony) SRCL-5156 2001 「サイコメトラーEIJI」サウンドトラック(sony) SRCL-3765 1992 U.R.S(寺田創一+DJ KEIZO)"URABAN RHYTHM SOLUTION"(徳間ジャパン) 1991 WORLD BEATS "VARIOUS ARTISTS"(東芝EMI) 1987 TAX FLEE / TAX FLEE(ポリドール)

レコライド

Group: aorizm records

Country: JAPAN

Genre: Electro-punk,Indie-Rock

たった(Vo)、はしゆう(Gu)、佐々木喫茶(Prg&Vo)によるシンセパンク/ニューウェイヴバンド。 2009年に結成、同年フォーライフミュージックエンタテイメント傘下のレーベル「GREED MUSIC」よりデビューミニアルバム「絶叫みだれラリーランド」をリリース、 収録曲"Baseball Murder"はテレビ東京系「ピラメキーノ」エンディングテーマに起用される。 パンキッシュなライブステージは格別な異彩を放ち、様々なジャンルのライブオファーを受けるようになる。 2010年に開催された自主企画「合奏みだれ天国」では、 スペシャルゲストにスウェーデンより"COVOX"を招き大成功を収める。 同年、台湾・台北にてガールズバンド"GO CHIC"のデビューアルバムリリースパーティに出演、会場を超満員にし、大盛況を博す。 2012年、レコライド結成3年の時を経て2ndアルバム「mp3の断末魔」をリリース、収録曲"星屑のmp3"のミュージックビデオでは80's感溢れる独特な世界観が話題となる。 積極的に配信限定シングルも発表、 現在までに「サンデーサンディEP」「カミナリディスコダンスEP」 「佐々木/SASAKI EP」「みどりのミステリー」の4タイトルをiTunes限定で配信リリース。 2015年7月15日には前作から3年振りとなる待望の3rdアルバム「FRESHLESS」を発表。 ボーカルたったの破天荒なステージングは物議を呼んだが、キュートでマッドな壊れたキャラクターは観るものをズルズルと引き込んでしまう魅力がある。 このボーカルのたったに加え、佐々木喫茶の作るニューウェイヴな楽曲に、 はしゆうのソリッドなギターが絡みあい、唯一無二な存在感を放ち続けている。

おもしろ三国志

Group:

Country: JAPAN

Genre: Techno, Trance, Breaks, Electro, Drum'n'bass, & Three Kingdoms!!!

三国志とテクノの融合を試みる唯一無二のミュージシャン。作詞・作曲・パフォーマンスすべてを一人でこなす。 東京都内を中心にライブハウス・クラブ・バーなどで精力的に活動 。 ダンストラックを操り、三国志の名場面を華麗かつ滑稽に表現するLIVEを行う。 そのLIVEは三国志を知っている者にはかつてない歓喜を、三国志を知らない者には未体験の衝撃を与えている。 ファーストCD「董卓討つべし」を2007年にリリース。手売りのみの販売にもかかわらず、1000枚の販売を突破。 映画「RED CRIFF」の試写会LIVEや台湾進出、 またオンラインRPG「蒼天」プロモーションサイトのミニゲーム(http://stonline.arario.jp/karuta/)への楽曲提供を行うなどマルチに活躍。 そして2010年、1800組からのオーディションに勝ち残り、サマーソニックに出演。黄色い熱狂の渦を生み出した。 三国志検定1級取得者。 Techno, Trance, Breaks, Electro, Drum'n'bass, & Three Kingdoms!!!

スパナ乙

Group:

Country: JP

Genre: Dub Techno

スパナ乙 spanne-otsu is Dub Techno unit of Japan. ●maco(Programming-Bass-Fx) ●ruco(Vocal) 2010始動。 http://www.spanner-otsu.com/ http://soundcloud.com/spanner_otsu http://twitter.com/spanner_otsu http://www.facebook.com/spanner.otsu

MASTERLINK

Group:

Country: TOKYO

Genre: Electro,Hpuse

MASTERLINK/Vo/Gt/Compose/Producerの”NARU”を中心に結成したマルチプラットフォームクリエイティヴプロジェクト。 バイリンガルで多彩な音楽性を自由に操り、ポップながらどこか切ない歌モノエレクトロニックダンスミュージックを展開。SONY WALKMAN Xシリーズに曲がプリインストールされる等幅広く活動中。 2010年「Traveling」Being/pure:infinityにて、メジャー・デビュー。 今迄にGREEN PLUGED RED(韓国フェス)/KAIKOO2012/iLOUD Aniv@WOMB/TIMM@品川ステラボールなどの大規模イベントに参加。 リリースした作品はShinichiOsawa/Taku☆Takahashi/Daishi Danceら著名DJからRemixされクラブシーンからも熱い注目を集めている。 既成の概念に留まらない自由な感性は正に00年代以降の音楽シーン、はたまたカルチャーシーンを巻き込んで国境もジャンルも超えた新しいワールドスタンダードを目指している。近年はDJ活動、楽曲提供等もスタートさせファッションブランドMURUAとのコラボ音源も発売。 http://soundcloud.com/masterlink-naru http://masterlink.tv/

Cutie Pai

Group: Cutie Pai

Country: JAPAN

Genre: Techno Pop Idol

「テクノ・ポップ・アイドル」Cutie Paiはおもちゃの国、CUTIEらんどからやってきたお人形。 作詞・作曲だけではなく衣装のデザインやライブの演出までもメンバーでこなしちゃう!

★STAR GUiTAR

Group: ★STAR GUiTAR

Country: Japan

Genre: テクノ

メジャー・アーティスト~クラブ・シーンの第一線で活躍するアーティストまで、多種多様な作品において、Producer/Arranger/remixerとして活躍する"SiZK"によるソロ・プロジェクト。 2010年8月にリリースされたデジタル・デビュー・シングルで、いきなりiTunesダンス・チャート2位を獲得して以降、リリースする作品は、どれもiTunesチャート1位、2位を独占。2011年1月にリリースされた1st アルバム「Carbon Copy」、2011年8月リリースの再構築盤「Blind Carbon Copy」の2枚のアルバムが、新人としては異例のスマッシュ・ヒットを記録したことで、DE DE MOUSEや中田ヤスタカ、Taku Takahashi、RAM RIDERといったビッグ・ネームと次々共演し、ageHaやROCK IN JAPAN FESといった大舞台にも立つなど、その注目度の高さを見せ付けている時代の寵児。2013年11月には、待望の3rdアルバム「Planetary Folklore」をリリース。

Kiyoshi Sugo

Group:

Country: 日本

Genre: エレクトロニック

JP: 2009年に始動。オンラインで世界中に公開された数々の楽曲が国境の枠を飛び越えて注目を浴び話題となり、世界各地のアーティスト (Dimitri From Paris “This Is Your Life”、Hardfloor “Acperience 1″、Sunshine “New Manifesto”、Futurecop! “Transformers”、GARI “I Need Your Love” and “Nu=Dance” etc.) へのリミックス提供を手掛ける。また、サウンドメイキング、ミュージックビデオ、ジャケットなどのアートディレクション&デザイン、スタイリングまでを全て自身が手掛けている。 2011年3月9日 Debut EP “KNOCKING ON YOUR DOOR” をリリース。iTunes Store エレクトロニックチャート初登場2位を記録。ボーカルに”Amandah Wilkinson from Operator Please” をフィーチャーし、リミキサーにはドイツのテクノ、アシッドハウスユニット”Hardfloor”が参加。 2011年9月7日 “虹” という意味を持つ、初のオリジナルフルアルバム “AO AKUA” をリリース。ボーカルに”Amandah Wilkinson” from Operator Please 、”YOW-ROW” from GARI 、”Matt Bellamy” from SUBKICKS 、”TeddyLoid” 、”THE KBC” をフィーチャーしてプロデュース。アルバムのオープニングナンバー “Awaking” (featuring I Hate This Place) が、iTunes Store “今週のシングル” に選出もされ、iTunes Store エレクトロニックチャート最高位2位を記録。 近年では上述のDimitri From Paris “This Is Your Life” のリミックス提供のほか、TGC Girls Collection in Shanghai 2012での楽曲提供 (約12,000人動員予定)、映像BGM制作と多方面で活躍中。 EN: Started from 2009, Kiyoshi Sugo has been started to establish his music though Internet world. Besides, on the same year, he started his remix works with different worldwide artists who located in different area of the world. Artist whom Kiyoshi Sugo cooperated with are such as Dimitri From Paris “This Is Your Life “, Hardfloor ”Acperience 1″, Sunshine “New Manifesto” , Gari ” I Need Your Love” and “Nu=Dance “. On the other hand, according to all the sound making, music video, art work, art direction, designing and styling are all produced by Kiyoshi Sugo himself. The debut EP “KNOCKING ON YOUR DOOR” has been released on 9th March,2011. Besides, this “KNOCKING ON YOUR DOOR” EP had reached to the top 2 ranking in the electronic chart of iTunes Store. On 7th September, 2011, Kiyoshi Sugo has released his first original album that names “AO AKUA” and which is meaning as rainbow. Famous Vocalist are all featuring for this album production, such as “Amandah Wilkinson” from Operator Please 、”YOW-ROW” from GARI 、”Matt Bellamy” from SUBKICKS 、”TeddyLoid” and “THE KBC”. The major track of this album “Awaking” is featuring with “I Hate This Place”. Besides, “Awaking” had been chosen as the recommend single of the week in iTunes Store, and also achieved the top 2 ranking in the electronic chart of iTunes Store. This recent year, Kiyoshi Sugo is producing the remix of Dimitri From Paris’s track which named “This Is Your Life”. Kiyoshi Sugo had also been chosen to be one of the producers for producing the background music for the famous and huge fashion event of this year, Tokyo Girls Collection Shanghai 2012 (around 12,000 people is being attended for this event). Therefore, for recently Kiyoshi Sugo is now producing many different kinds of tracks and having multiple productions in different cooperations.

Started from 2009, Kiyoshi Sugo has been started to establish his music though Internet world. Besides, on the same year, he started his remix works with different worldwide artists who located in different area of the world. Artist whom Kiyoshi Sugo cooperated with are such as Dimitri From Paris “This Is Your Life “, Hardfloor ”Acperience 1″, Sunshine “New Manifesto” , Gari ” I Need Your Love” and “Nu=Dance “. On the other hand, according to all the sound making, music video, art work, art direction, designing and styling are all produced by Kiyoshi Sugo himself. The debut EP “KNOCKING ON YOUR DOOR” has been released on 9th March,2011. Besides, this “KNOCKING ON YOUR DOOR” EP had reached to the top 2 ranking in the electronic chart of iTunes Store. On 7th September, 2011, Kiyoshi Sugo has released his first original album that names “AO AKUA” and which is meaning as rainbow. Famous Vocalist are all featuring for this album production, such as “Amandah Wilkinson” from Operator Please 、”YOW-ROW” from GARI 、”Matt Bellamy” from SUBKICKS 、”TeddyLoid” and “THE KBC”. The major track of this album “Awaking” is featuring with “I Hate This Place”. Besides, “Awaking” had been chosen as the recommend single of the week in iTunes Store, and also achieved the top 2 ranking in the electronic chart of iTunes Store. This recent year, Kiyoshi Sugo is producing the remix of Dimitri From Paris’s track which named “This Is Your Life”. Kiyoshi Sugo had also been chosen to be one of the producers for producing the background music for the famous and huge fashion event of this year, Tokyo Girls Collection Shanghai 2012 (around 12,000 people is being attended for this event). Therefore, for recently Kiyoshi Sugo is now producing many different kinds of tracks and having multiple productions in different cooperations.

PandaBoY

Group:

Country:

Genre:

POP×ダンスミュージックを軸とした楽曲をアイドル、アニメ、ゲーム、クラブ、映像作品、プロモーションBGMなど、ボーダレスに楽曲提供を行う作曲家・作詞家・リミキサー・DJ。 アップアップガールズ(仮)、夢眠ねむ(でんぱ組.inc)、アイカツ!、RO-KYU-BU!への楽曲提供、kz(livetune)、でんぱ組.inc、椎名ぴかりんなどのREMIX、映像作家の古賀学による水中映像作品「B/W(ビー/ダブリュー)」、アパレルブランドSemirのプロモーションムービーの音楽を担当するなど活動は多岐にわたる。

DJ WASA a.k.a. SAWA

Group:

Country:

Genre: All Dance Music

http://www.sa-world.net/ http://blog.excite.co.jp/sa-world

A-bee

Group:

Country: japan/tokyo

Genre: Electro,house

2007年自身のレーベルVooV Recsからデビューアルバム『FLYING-GO-ROUND』をリリース。ダンス&エレクトロミュージックの枠に収まらないほどの独特な世界観と斬新な音世界を創り上げ、その中毒サウンドが幅広い層から支持されるようになり、iTunesのダウンロードも増え続け常にチャート上位を記録するようになる。 同時にプロデュースやトラックメイクのオファも増え始め、元気ロケッツやMAKAI、cargoなどの楽曲提供やリミックス。 シュウウエムラ メイキングBGMのサウンドトラックを手掛けるなど、クラブミュージックやファッション系のサウンドクリエーターとしても活躍している。 2008年に2nd アルバム『POLYPHONIC CITY』2009年に初のリミックスアルバム 『A-bee remixes -FACE-』をリリース。着実にリスナーに前衛的なスタイルで魅了し続け、遂に2010年12月、問題作 3rdアルバム『CURRENTRIA』をリリースする。今までのA-beeの世界観は健在のまま、本作ではさらに神秘的でラスト至るまで緻密に計算され た構築音楽を表現し、プログレッシブで色彩豊かなアートな作品に仕上がっている。そして2011年 iTunesにて『smile-EP』『Cloud Nine / Ring』を連続配信し、どちらもダンスアルバムチャート1位を獲得する。 A-beeの活動の場はサウンドクリエイト以外に、トラックメイクよりも長くDJの活動もしており、独学でつちかったDJテクニックはかなりの定評がある。

HIDE(ゲッカンプロボーラー)

Group: aorizm records

Country: Japan

Genre: TECHNO, HOUSE

1983年、神奈川県横浜市生まれ。 【ゲッカンプロボーラー】【JacidBros】のメンバー。 レーベル【aorizm records】代表。 10歳の頃にHARDFLOORやKraftwerkなどのテクノサウンドに衝撃を受け、11歳でターンテーブルに触れる。12歳でシンセサイザーを手にし、その後自身でも作曲やライブ、DJ活動を開始する。 20歳までの間に6年間過ごした米国ではライブ、DJ活動と並行してジャーナリズムや経営学を学び、その経歴は現在自身がオーナーを務めるレーベル/プロダクション【aorizm records】の運営を支える。 実の兄yaskikutaとのユニット【ゲッカンプロボーラー】として様々なアーティスト、メディアとのコラボレーションを実現。オーガナイザーとしてはclubasiaを拠点とした【ゲッカンプロボーラーフェスタ】、WOMBを拠点とした【uFoN】等を主宰。渋谷Gladとのコラボ企画も精力的に開催し、シーンの活性化に力を注いでいる。 http://www.aorizm.com/ http://getsupro.syncl.jp/ http://www.myspace.com/jacidbros https://twitter.com/getsupro

Shiso

Group:

Country: 東京

Genre: Tribal

Laidback Luke Forumの中でも才能を持つ限られたメンバーしかリリースできないBelushi Recordsから"Shehnai"を2014年にリリース。ダンスミュージックプロデューサーとしてのキャリアをスタートさせる。 ニューヨークの名門レーベル"Brooklyn Fire"の人気コンピレーションRIOT HOUSEシリーズに自身の曲"Ole"がライセンスされるなど、まさに世界基準の新人プロデューサーと言える。 Soundcloud https://soundcloud.com/shisodj Twitter  https://twitter.com/ShisoDJ

petit

Group:

Country: Japan

Genre: Electro

https://twitter.com/petit0203

班長

Group:

Country:

Genre: HOUSE

副班長 a.k.a. lilina

Group: ばんやろナイト、☆☆☆

Country: 日本

Genre: J-Rock / J-POP

オーガナイズイベント ばんどやろうぜナイト(不定期開催・高円寺) レギュラー出演イベント ☆☆☆ 〜ほし、みっつです!〜(偶数月第一日曜開催・六本木unique LABORATORY)

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@